2015年07月30日

自転車屋で買った シティーサイクル an〜 works の状態・・・

立て続けに、スポーツサイクルを購入するに至った理由は、


子供の自転車練習


ずっと、教えることをサボっていたので、

もうすぐ高学年・・・


慌てて近所の自転車屋で購入したものは、

TSマークなんぞを付けた整備済の子供用自転車、

変速も一発で決まり、ブレーキも調整済、

通販とは違うね〜 と思いきや、

とんでもない事に、気づいてしまいました。



FJ310165.JPG


子供の握力では、ブレーキが引けない!!

と ダブルピポット式へ交換。

子供には、どう考えても長すぎるハンドルを切断して、

ついでにハブへ秘密のグリスを封入しておこうと、

前輪を外すと、ドッペルギャンガーと同じく、ゴリゴリ・・・


えっまさかっ と、後輪も確認、

ゴリゴリ・・・



工業製品の回転部分は、

スムースに動作するよう、

若干のクリアランスを設けます。

その大小は用途に応じて調整し、

限りなく ゼロ に近づける事もある訳ですが、

マイナス調整 と言うのは、その製品を壊す行為であって、

通常は、あり得無い事なのです。

しかし、自転車の世界は違うようです。



FJ310163.JPG


カップアンドコーン式のボトムブラケット、

指で回すと、ゴリゴリ どころか ガクン、ガクン でした。

余りにも頭にきて、写真を撮るのを忘れてしまいましたが、

未だ数キロしか乗っていないこの自転車の軸には、

既に ベアリングの溝 が出来初めていました。

この辺、クランクが付いたままだと、実際の状況が分かりません。

心配だったら、専用工具を購入し、自分でクランクを外す必要があります。

ドッペル用に購入した、¥5,000の工具セットが大活躍しています。

(ボトムブラケットの整備には、

 別途、フックレンチと大きめのモンキーレンチが必要でした)



当初から、クリック感があった安っぽいペダルは・・・


FJ310166.JPG


安い事が原因で無く、玉当たりナットの締め過ぎ、

これは、店の人も気づいていたはず・・・


FJ310167.JPG


先端のキャップを外してダブルナットを調整します。

クランク接合部とは、逆のネジになっていました。

つまり、右ペダルは左ねじ、左ペダルは右ねじ、


ナットが2個共、穴の中にあるので、

調整ナットを押さえる事が出来ません。

ハブの調整より難しいですが、

何度かチャレンジしているうちに、

うまく調整出来ました。



今回は、5か所の 玉当たり を調整しましたが、

それぞれ形状は違うものの、

要領は皆同じ、調整ナットで位置決めし、

ロックナットで固定です。



貴方のボールベアリングも転がっていないかもしれません!! 

回転抵抗が大きく、余計な汗をかいている訳です!!

地球温暖化抑止の為、皆で頑張って自転車を整備しましょう!!



こうなったら、子乗せ自転車の方も整備しないと・・・


posted by 技術の達人?? at 23:30| 日記

2015年07月18日

アートサイクルスタジオ A670F

ドッペルギャンガーが届いてから数週間後・・・



DSC04751.JPG


妙に細長い箱が届きました!?

開封すると・・・



DSC04753.JPG


出て来ました!!

フラットバーロード



DSC04754.JPG


アートサイクルスタジオさんは、

国内で組み上げてますから、梱包も簡素



DSC04768.JPG


簡単に形になりました!!

ロード系は初めて・・・

こんな細いタイヤ乗りこなせるかな?

ちと心配ですが、ビンディングペダルを装着!!

マルチレリースですが・・・

タイヤは、発注時にお願いして、25Cを装着して貰いました。


当初、折り畳み式の クロスバイク を購入するつもりだったですが、

とある宿で借りた マウンテンバイク の乗り味が、

自分の マウンテンキャットR とは比べ物にならないくらい

劣っていた事を思い出し、偽物は止めよう と決意

色々探していたら、この製品に遭遇、

7月から値上げ の文字を見て、慌てて発注したものです。

6万円前後の低価格帯でありながら、入門用ではあるものの

ロード用のコンポ(前50-34T、後11-30T:後ろスプロケットのみMTB用)が組まれ、

シマノのショートアーチブレーキを搭載、

そして比較的軽量であることがポイント。

欠点は、デザインと、その装飾がステッカーであること、

納期がかかること(今回は1か月少々)・・・

収納性に関しては、前後輪を外すことで、

折り畳み式と遜色無い寸法に落ち着きます。

開封後、何処も調整不要のまま乗れて、素晴らしいの一言ですが、

逆に、出来の良い子は少々退屈だったりもしますね・・・

早く涼しくならないかな〜


posted by 技術の達人?? at 23:13| 日記

2015年07月01日

デジカメの画像に黒い点が・・・



先日の Redbull Air Race


写真に黒い点が・・・


MATT.JPG


光学ズームを行うと現れ、

広角側では、消えてしまいます・・・

ネットで調べたところ、

イメージセンサーにゴミが付着している可能性が高い・・・

修理に出せば高額な費用を徴収されるだろうし、

自分で分解しても、センサーまで到達出来るか分からないし・・・

それに、壊してしまったら・・・と


仕方なく、ちょっと大きめで望遠性能の優れた、

新しいカメラを購入!!

痛い出費です・・・

まあ、我が家には、ビデオカメラが無いので、

運動会の撮影用に、丁度い良いかな??と自分に言い聞かせ・・・


っで、

新しいカメラが来たので、思い切って分解修理開始!!


FJ310150.JPG

DSC-WX5 ポケットに入るサイズなので便利



FJ310151.JPG

ケースは、ツメではまっているので無く、

ネジ止め、しかも、大半のネジは、むき出し



FJ310152.JPG

唯一、隠れていた2本のネジ



FJ310148.JPG

ネジを外すと、裏蓋が簡単に外れ、

その下にある、液晶を乗せた金具が、

カパっと開きました。

この時、操作基板?のコネクタが邪魔するので注意!!

先に抜いてしまうのも手です。

緑色の部分にネジが2つ見えます。

丁度レンズの位置だったので、

外してみると・・・



FJ310147.JPG

イメージセンサが現れました。

何だか、掃除する事を前提とした設計?に見えますね・・・

表面のガラス?に、ゴミが沢山付着していたので、

メガネ拭きで清掃


何と、5分もかからず、簡単に治ってしまいました・・・

新しいカメラは何の為・・・



7S-11-28.jpg

ドッペルギャンガー 215 の方は、順調に改造中

スプロケットを、DnP製の7S 11-28T へ交換

交換に必要な工具は、ボスフリー抜き(長めの奴)と、

大きめのモンキースパナ、

きつく締められているので、

ハンマーがあると便利


交換して、オンロードの走りが快適になりました!!



posted by 技術の達人?? at 22:36| 日記