2015年11月03日

技術と技能

技術 と 技能、混同されがちな言葉ですが、
全く違うものであると考えています。
技術は、製品を開発する側
技能は、作成された図面に基づき品物を作る側
例えれば、技術は作曲家、技能は歌手です。
技能職 の方も大変な仕事ではあるものの、
既に出来上がったマニュアルがある訳ですから、
大変さは、技術職と比べれば軽微なもの
なのに、日本は、技能職の方を褒め称える傾向がありますね・・・・
さて、技能職とは、配布された図面で品物を作る訳ですから、
部品製造メーカーだけでなく、ライセンス製造業者等も含まれます。
それらの業者は、その物を創造した訳では無いので、
問題が発生した時に解決する事が出来ません。
いくら綺麗なホームページやカタログを作っても中身が無いのです。
だから、品物は、技術会社から買いましょう!!
IMGP3533.JPG
遊星歯車機構を内蔵した、比例制御型停電作動駆動部
同じ機能であれば外観は小さい方が良い訳ですが、
弊社の製品は、開発段階から工業デザイナーが関わっており、
小さく、力強く、見えるデザインになっています。
posted by 技術の達人?? at 23:18| 仕事

2015年05月06日

テクノバッグの製品

株式会社テクノバッグ は、

主に バルブ用 の 電動駆動部を、

企画、開発、生産、販売しています。


この バルブ が クセ者でして、

必要トルク に対して、実負荷 が小さ過ぎることと、

設置される環境が、あまりにも劣悪な事から、

バネ作動 には全く不適なのです。


しかし、弊社では、この難関を突破し、

世の中に様々な製品を送り出して来ました。


小さな製品から

FJ310060.JPG


大きな製品まで

IMGP0044.JPG



これは、モーター、伝達機構、ゼンマイバネ、

全てに精通しているからこそ、成し得る 技 であります。


これらの 技 は、教科書の域を超えており、

誰かが教えてくれるものではありません。

経験と実績が生み出したものなのです。


それが証拠に、世の中に類似する製品は存在するものの

大きなトルクを発生させられる製品は、

弊社が OEM提供 したもの、

又は アウトプットした図面 で製作された物以外

見当たりません。



さて・・・

IMGP0047.JPG


この製品に搭載している、モーター内蔵 の

特殊なブレーキは、弊社のメンバーが考案したものです。


この製品は、設置環境が余りにも劣悪な為、

従来のブレーキでは、滑ってしまう事がありました。

単純な構造の製品であれば、

ブレーキが滑るような負荷はかかりませんが、


この製品には、

IMGP1221.JPG

遊星歯車構造が採用されております。

ゼンマイバネ が バルブ を駆動する時、

モーター は、ロックされている必要があり、

ブレーキ が滑ってしまうと、

モーター が空転するだけで、バルブを 閉める事が出来ません。

機械的なブレーキを使用する手段もあったのですが、

既にギリギリの寸法で筐体を設計してしまったので、

止むなくブレーキの方を改良する事になりました。


この遊星歯車構造は、排煙ダンパーに使用されているものを、

ヒントに開発した訳ですが、

大きなトルクで使用するのは非常に難しく、

又、当初は、燃焼ガスを遮断する目的の為、

高速作動が求められ、非常に難儀しました。


そんな訳で!?

間もなく、遊星歯車機構を採用した、

新製品が登場します。

乞うご期待!!


posted by 技術の達人?? at 23:55| 仕事

2014年11月01日

品質管理の在り方について思うこと・・・

大手電機メーカー製のカーナビが1年ちょっとで壊れました。

5インチ画面のポータブルで5万円少々と高価な製品・・・

安価な海外製品が沢山出回ってますが、渋滞情報が欲しかったし、

仕事で使うのだから、性能と信頼性を求めて高価な日本製を選んだ結末・・・

アフターサービスを期待して家電量販店で購入したのですが、酷い対応でした。

実は、壊れたのは2回目で、1回目は保証期間内で無償修理だったのですが、

2回目は僅かに保証期間を過ぎているから有償だと・・・

「冗談じゃない」と量販店とメーカーへボロクソに文句を言った後、

製品を返却して貰い、壊れたのは電源回路っぽかったので、

分解してみたけど、簡単には治りそうもないので、修理を諦め、

中国製の7インチタブレットに有料のナビアプリを入れて一件落着



最近の日本製品って品質が落ちたと思いませんか?


品質管理は 心 だと思います。


お客様が使用する姿を想いながら物づくりを行う事が大事。

売る人も一緒。

心が無いなら、産業ロボット、自動販売機と一緒・・・


どうも最近のメーカーは、書類を沢山作って、管理人を増やして自己満足している。

いや、自己満足じゃなくて自己防衛かな??

不良率のグラフなんか書く時間があったら、他にやる事があるのでは無いかと・・・

手をかけて”品質マニュアル”を作ったって、守る心が無ければ意味がありません。

そして、ルールを守れない人の為に、更に書類や管理人が増えていく・・・

大体、ルールを守れる人は、そこに書いてなくたって、きちんとした仕事をやる!!


無駄な仕事を増やし、管理費が上がってしまう事で利益が減り、給与が下がり、

士気が低下して、どんどん品質が悪化する。

そんなレベルならば新興国で生産すれば良いと、工場は海外へ移転されてしまう。

これって悪循環だよね???


新興国のメーカーは、1日も早く先進国へ追いつこうと頑張って日々勉強を続けている。

既に、家電ブランド主義みたいなものは崩壊しつつある。

考える事を休めて楽な世界へ逃げていたら、

いとも簡単に引っくり返されてしまう・・・・・と言うこと


金をばらまいて、増刷して、物価を上げて、株価を上げて、税金を上げて・・・

資源が殆ど出ないこの国が、付加価値を生み出す能力を失ったらどうなるのか??

誰か真剣に考えているのかな????


手を抜いたら負け、「勉強を止めるのは死ぬときだ!!」

と思う今日このごろです。。。。





posted by 技術の達人?? at 01:44| 仕事