2015年07月18日

アートサイクルスタジオ A670F

ドッペルギャンガーが届いてから数週間後・・・



DSC04751.JPG


妙に細長い箱が届きました!?

開封すると・・・



DSC04753.JPG


出て来ました!!

フラットバーロード



DSC04754.JPG


アートサイクルスタジオさんは、

国内で組み上げてますから、梱包も簡素



DSC04768.JPG


簡単に形になりました!!

ロード系は初めて・・・

こんな細いタイヤ乗りこなせるかな?

ちと心配ですが、ビンディングペダルを装着!!

マルチレリースですが・・・

タイヤは、発注時にお願いして、25Cを装着して貰いました。


当初、折り畳み式の クロスバイク を購入するつもりだったですが、

とある宿で借りた マウンテンバイク の乗り味が、

自分の マウンテンキャットR とは比べ物にならないくらい

劣っていた事を思い出し、偽物は止めよう と決意

色々探していたら、この製品に遭遇、

7月から値上げ の文字を見て、慌てて発注したものです。

6万円前後の低価格帯でありながら、入門用ではあるものの

ロード用のコンポ(前50-34T、後11-30T:後ろスプロケットのみMTB用)が組まれ、

シマノのショートアーチブレーキを搭載、

そして比較的軽量であることがポイント。

欠点は、デザインと、その装飾がステッカーであること、

納期がかかること(今回は1か月少々)・・・

収納性に関しては、前後輪を外すことで、

折り畳み式と遜色無い寸法に落ち着きます。

開封後、何処も調整不要のまま乗れて、素晴らしいの一言ですが、

逆に、出来の良い子は少々退屈だったりもしますね・・・

早く涼しくならないかな〜


posted by 技術の達人?? at 23:13| 日記

2015年07月01日

デジカメの画像に黒い点が・・・



先日の Redbull Air Race


写真に黒い点が・・・


MATT.JPG


光学ズームを行うと現れ、

広角側では、消えてしまいます・・・

ネットで調べたところ、

イメージセンサーにゴミが付着している可能性が高い・・・

修理に出せば高額な費用を徴収されるだろうし、

自分で分解しても、センサーまで到達出来るか分からないし・・・

それに、壊してしまったら・・・と


仕方なく、ちょっと大きめで望遠性能の優れた、

新しいカメラを購入!!

痛い出費です・・・

まあ、我が家には、ビデオカメラが無いので、

運動会の撮影用に、丁度い良いかな??と自分に言い聞かせ・・・


っで、

新しいカメラが来たので、思い切って分解修理開始!!


FJ310150.JPG

DSC-WX5 ポケットに入るサイズなので便利



FJ310151.JPG

ケースは、ツメではまっているので無く、

ネジ止め、しかも、大半のネジは、むき出し



FJ310152.JPG

唯一、隠れていた2本のネジ



FJ310148.JPG

ネジを外すと、裏蓋が簡単に外れ、

その下にある、液晶を乗せた金具が、

カパっと開きました。

この時、操作基板?のコネクタが邪魔するので注意!!

先に抜いてしまうのも手です。

緑色の部分にネジが2つ見えます。

丁度レンズの位置だったので、

外してみると・・・



FJ310147.JPG

イメージセンサが現れました。

何だか、掃除する事を前提とした設計?に見えますね・・・

表面のガラス?に、ゴミが沢山付着していたので、

メガネ拭きで清掃


何と、5分もかからず、簡単に治ってしまいました・・・

新しいカメラは何の為・・・



7S-11-28.jpg

ドッペルギャンガー 215 の方は、順調に改造中

スプロケットを、DnP製の7S 11-28T へ交換

交換に必要な工具は、ボスフリー抜き(長めの奴)と、

大きめのモンキースパナ、

きつく締められているので、

ハンマーがあると便利


交換して、オンロードの走りが快適になりました!!



posted by 技術の達人?? at 22:36| 日記

2015年06月15日

DOPPELGANGER 215 Barbarous ドッペルギャンガー 噂の自転車を購入2



組立後、タイヤがスムースに回転する事を確認しましたが・・・



DSC04718.JPG

良く見ると、こんな状態だし・・・

やっぱり不安なので、分解開始!!



DSC04716.JPG

事前に購入しておいた、安物工具セットを使用します。

自転車の整備は、汎用工具だと、

どうにもならない場合が多いのが難点



DSC04717.JPG

作業開始!!



DSC04727.JPG

リヤの車軸が曲がっています・・・

まあ、回転する部分では無いし、

何故か、ナットがスムースに通ったので、良しとします。



DSC04723.JPG

こちらは、前輪

前後共、ベアリングの玉押しナットが

締め過ぎで、ゴリゴリ言ってました。



DSC04721.JPG

秘密のグリスを封入し、再調整

スポークのテンションも心配でしたが、

専用のメーターは高価なので買えず・・・

手で引っ張ってテンションを確認、

とりあえず、ゆるゆるの箇所はありませんでした。


この後、一旦タイヤを外し、チューブの挿入位置を確認

組み上げて、ブレーキとディレーラーを調整し、

各部を再確認、


大体、どの箇所も過剰に締められている感じ・・・

しかし、何と!!折り畳み部の六角ボルトが緩んでいました!!

アルミだからクリープするのは仕方が無いのかもしれませんが、

ここは、何度か増し締めしてから出荷すべき・・・



っで、組みあがった、DOPPELGANGER 215、のレビューですが、

快適で、写真を撮ることも忘れ・・・


サスペンション車は初めてですが、

硬めなのかな?違和感は無し。

タイヤが小さいせいか、ハンドルが軽く、

リムが少し振れているのか、

Vブレーキの効きが不安定なので、

前転しないよう、注意が必要ですが、

この程度は、慣れの問題。

スプロケットですが、

不整地では、1速の28丁で丁度良い。

問題は7速、14丁の方、

平坦な舗装路では、7速で発進出来ます、

つまり軽すぎ・・・

乗り始めて、僅か数分後に、11丁のスプロケットと、

ボスフリー抜きを発注してしまいました・・・


<まとめ>

中国製は〜 とバカにする人が居ますが、

日本の作業者だって似たり寄ったりだったりします。

バカ力でネジを締めたり、締め忘れたり・・・

だから、メーカーの工場は人件費の安い、中国へ移転して行く訳です。


大事なのは、MADE IN 〜 では無く、

工場の中に、流出を防ぐ 意識 を持った人が

どれだけ居るか では無いのでしょうか?


このメーカーのデザインや色使いは、大変素晴らしいです。

モノ作りに関し、もう少し、頑張って貰えたらな〜と思いました。




えっ この自転車ってスポーツ車じゃなくてファッションサイクルだって!?

どうしよう・・・・



posted by 技術の達人?? at 22:30| 日記

2015年06月13日

DOPPELGANGER 215 Barbarous ドッペルギャンガー 噂の自転車を購入

何を血迷ったか、突然自転車を購入。

スポーツ車は、25年ぶり・・・

当時のスポーツサイクルは、

マイナーな存在だったと思いましたが、

気づけば、会社の周辺はロードやクロスバイクが

頻繁に行き交うようになっており、

時代も変わったものだな〜と思います。


で、選んだのは折り畳み、

運動不足解消の為、車に積んでおいて、

暇があったら、ちょこっと乗ろうとの魂胆


DSC04707.JPG


悪名高き、ドッペルギャンガー です。

品質が不安ですが、素晴らしいデザイン、

比較的軽量で、低価格!!

魅力満載の自転車です。


実は、中国車の通販購入は、これが2台目

前回は子載せ自転車でしたが、

事前の情報を裏切らないクオリティ

実質、仮組 の状態で入荷するので、

乗る前に、必ず、整備が必要です。


先ずは開梱


DSC04709.JPG

ちょっと期間が短くない?



DSC04710.JPG

本当?だったら凄い!!



DSC04711.JPG

ご対面!!



DSC04712.JPG

箱から出しました。

重くて固いです・・・

人を乗せる乗り物ですから、当然ですね

怪我をしないように注意しましょう!



DSC04715.JPG

しっかり梱包されていて、傷は無いようです。

箱に記載されている通り、

製品は、ほぼ組み上がっていて、

簡単に形になります。

しかし、落とし穴が・・


posted by 技術の達人?? at 21:07| 日記

2015年05月25日

RedBull Air Race Chiba

行ってきました!!

レッドブル・エアレース 千葉


超低空をラジコン機のように飛び回るエアレース、

閉鎖的な この国で、開催出来るなんて

全く信じられませんでしたが、

高機動を行う航空機が間近で見られて良かったです。

チケットは、少々高価でしたが・・・


さて、


エンジンは、水平対向6気筒、4サイクル、OHV、空冷、

航空機ですから、故障しない事が大事なので、

ツインプラグ に 高オクタン価ガソリン、

そして比較的低回転で使用。

自動車レースみたいな、独特の排気臭や爆音を

期待していましたが、実物は、音圧が低く、

当たり前ですが、鋭い吹け上がの

音も聞けず、やや物足りない感じ・・・


プロペラは、3翼、可変ピッチのように見えますが

どうなんでしょう?・・・


機体は、アクロバット機特有の、(上下)対照形状の直線翼、

引き込み足が無い代わりに、軽量で、乾燥重量は、500kg台


ん・・・

何かと似通ったスペック・・・


これ!!


F3000-3.jpg

F3000 パワーボート

V6、2サイクル、水冷(直接冷却)、MAX9000回転、高機動双胴艇、

最高速度は時速200Km/h 0〜200Km/h 加速は5秒、

直角程度なら、速度は殆ど落とさず、鋭角なターンが可能!!


そして、何と言っても素晴らしいのは、

レース見物が無料!!

会場によっては、スタート地点から、

数メートルのところで見れます。

当然、水しぶきが飛んできます。

しかし観客は・・・

今回は、デモンストレーションを行う、絶好の機会だったのに・・・

ちなみに、今週末、蒲郡でレースがあります。

このカテゴリーについて、詳しくは後日・・・



写真は、鳥?コウモリ?の様な美しい翼デザインの edge540

adge540.JPG

カッコいいですね!!
posted by 技術の達人?? at 12:50| 日記